たくさんのカプセルと瓶

食事としてとった炭水化物は、小腸でグルコースにまで分解されて小腸から血液中に吸収され、血糖として血液中を流れ、肝臓に行き一部は、グリコーゲンとして肝臓に蓄えられます。
膵臓から出るインスリンというホルモンに働きで、細胞に吸収され、生物が生きてゆくためのエネルギーとなります。
血糖値はインスリンによって調節され、インスリンの放出が減ったり、働きが悪くなると血糖値が上がり、手足のしびれ(神経障害)や目の病気(網膜症)や腎臓病となります。
グルコバイは、一般名をアカルボースといい、小腸粘膜に存在するαグリコシダーゼという酵素の働きを抑えます。
αグリコシダーゼはでんぷんや砂糖をグルコースに分解する働きをしています。
グルコバイを飲むと、食後の過血糖が抑えられ、インスリンの分泌が少しでいいので、将来起きる手足のしびれや目や腎臓の病気の予防につながります。
グルコバイを飲む時は食事のすぐ前に飲むようにしましょう。

飲み忘れても食事中ならその時すぐに飲めば問題はありません。
食後時間がたってから飲んでも効果はありませんし、何らかの理由で食事が取れなかった場合も飲んでも意味はありません。
他の血糖降下薬と一緒に飲む場合がありますが、そのような時は低血糖に注意してください。
もしも、低血糖と思えばグルコースタブレットをすぐに飲みましょう。
胃腸の安静を必要とする人(腸閉そくとか胃腸の手術後)の場合は、グルコバイを飲んではいけません。
糖尿病の境界型の人や2型糖尿病(インスリンの効きが悪い人)は、食事療法や運動療法が大切です。
このような方法で血糖値が下がれば薬に頼る事はありません。
自分に適したやり方で、継続する事が大切です。
それで効果が出ない場合は、インスリン注射とか経口過血糖治療薬との一種として、グルコバイを使用します。